読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆ 港区女子の賢く&上質な、節約シンプルライフを目指すブログ ☆

キラキラしてない港区女子の節約ブログです。

【セブ島0円留学】無料留学にはワケがある!メリットとデメリットのまとめ

f:id:arlie0125:20161027161254j:plain

 

「0円留学って?」前回の記事はこちら

 

 

今回1ヶ月間でしたが、体験して思ったメリット・デメリットをまとめてみました(・ω・)

 

メリット

・低コストで留学に行ける!(最大のメリット)

留学=ハードルが高いという壁がなくなりましたね〜

・現地の生活を楽しめる!

食事なしだったので、食事は基本自炊か外食。

ローカルフードも楽しむこともできましたし、刺激的な毎日を過ごしました。

学んだ英語を、すぐアウトプットできる環境はとても良かったです。

・フィリピン人の先生が明るくて可愛い!

フィリピン人は明るいといいますが、本当その通りでとっても明るく(よく笑う)

可愛らしい先生たちばかりでした。

・海外ベンチャー企業で働ける!

日本では経験できない、海外の企業(海外にあるという意味で一応)で働けるのは経験としてはアリだったとおもいます。

・愉快な友達たちができる!

留学に来ている人は個性的な人が多かったです。(笑)

だけど、自分の意思でこの留学に来ている人がほとんどなので、行動力あり、この留学でできた友達からは学ぶことがたくさんありました。

 

 

デメリット

・ここはリゾート地ではない!

まずセブ=海 & リゾートなイメージがあり、

わたし自身、海のさざ波を聞きながら英語を勉強でき〜♪

授業や仕事が終わったら軽いノリで海に行ける〜♪うふふのふ〜♪と妄想してましたが、

 

大 違 い 。

 

まず、排気ガスすごいです。大きいゴキちゃんいます。ひったくりもいます。

海まで3時間かかります。ストレスでニキビできました。

セブシティは中心部でビジネス街なので、ナット リゾートです。

 

ただし、「住めば都」。

潔癖性でなければ約1週間半で慣れてきますし、

これまた不思議なことに、ストレスが一転変わって、刺激的な毎日でとっても楽しくなります。帰るころには、もうすこしここにいたい...と思ってしまうほどでした(´・ω・`)

 

・思いのほか仕事がキツイ & シフトは土日休みと決まっているわけではない。

仕事がメインになりがちにも....。

「 日本語を使うコールセンターのお仕事」

「どなたでもできる」

「マニュアルが用意されている」ということで、パッと見、簡単な仕事の印象を受けますが

 

そんなわけない(・ω・)

 

日本の大手企業からの業務委託を請負ったものになるので、シビアなところはシビアです(´・ω・`)とはいえ、仕事というものはそういうものですし、そこは覚悟しましょう。

 

ただし、英語の授業<仕事 になってしまうとこもあり、中には英語の授業をサボってしまう人もいるようなので、気をつけたほうが良いです(・ε・`)

それと土日休みと決まっているかと思いきや(わたし以外の人も結構思ってた)ほとんどの人が土日休みではありません!部署やシフトによって決まってくるので注意。

 

希望休は出せますが、早めに言う必要があります。

日本の企業で働くのと一緒と思ったほうがいいです〜

 

・先生には、あたりはずれがある。

メリットのところで先述した先生について、わたしは幸運にも?良い先生たちが

担当でしたが、中には授業をサボる・話をしない(テキストばかりやらされる)などハズレの先生もいたそうです。

しかしこれは、しっかり先生と話をしたり交渉すれば解決することでもあるそうなので、(自分はちゃんと勉強をしたい旨を伝える)それもまた英語の勉強とプラスに捉える必要がありそうです(笑)日本じゃ考えられないですが(笑)

 

・謎なアクティビティの日は、授業を全く受けられなかった。

 毎週金曜日はアクティビティ or テストの日でした。

テストは自分がどこまで理解しているかのチェックだったので良いのですが

問題はアクティビティです。

 

当初、アクティビティとして映画を観るか、

授業を受けるか選べると聞いていましたが

基本選べません(・ω・)

 

決定権があるのはなぜか授業の先生になります(笑)

そして、その映画鑑賞も字幕なし・音声のみなので、英語初心者には

わけわかめ状態の子守唄状態の、先生までもが寝ている状態になります(笑)

 

わたしは金曜日だけが唯一レッスンの日(8時間授業)でしたが

授業受けれたのは2時間のみでした(´・ω・`)

ちなみにこちらも担当の先生によるそうですが、しっかり授業を受けたい場合にはスケジュールを変えてもらうなど学校側に交渉する必要があります。

わたしは諦めて、先生に体調不良と訴えて(その場にいたら映画鑑賞用の椅子を用意されるため)帰るふりして外で遊んでました(笑)

 

・学校やホテルのWi-Fiは実際のところ不安定なので自分で用意する必要がある。

学校やホテルには一応Wi-Fiが備わっていますが、大人数が使おうとするためかなり不安定です。

わたしは一ヶ月だけだったのでWi-Fiレンタルはしませんでしたが、一人部屋でもWi-Fiが安定せず、途中で接続切れたり、インターネット回線が遅すぎてストレスでした。(これもきっとニキビの原因)

ほとんどの方がWi-Fiレンタルしていました。とはいえ、日本に比べたら格安ですし、外出先でもLINEがつながるのでWi-Fiレンタルをするのが一番無難な気がします。

 

 

 

日本みたいに全てが整っているわけではないので、

ある程度の交渉力があると良い印象がありました。

 

自分がどうしたいのか、どう過ごしたいのか、意思を向ければ

対応できるところは対応してくれるので、

それもまた勉強と思って臨むのが良いとおもいます。

 

 

ちなみにこんな人には向かないと思います(´・ω・`)

・基本、仕事することが嫌い。(仕事を通して自分を高める向上心がマイナスレベル)

・英語をがっつり集中して学びたい。

・人との交流が苦手だったり、異文化や考えの違いに馴染めない人。

・潔癖性の人。

 

なのでどちらかというと、こんな人に向いています(‘・ω・´)

・留学に行こうか悩んでいる人

・新しい発見をしたい人

・刺激的な人生を歩みたい人、外国人の友達を作りたい人

・英語がまったくの初心者の人、まずは英語を話してみたい人

 

というか、

留学を悩んでいる方はぜひ行くことをおすすめします!

 ↓ここからお問合せできます(・ω・)

 

 

※関連記事

arlie.hateblo.jp